成分

ペットフード安全法とは

私たちの大切な家族の一員である、犬や猫などのペットが主食としているペットフード
それらペットフードの安全性を確保するための法律が、平成21年6月に施行されました。
それが、「ペットフード安全法」と呼ばれるものです。
正式名称は「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」と言います。
これは、ペットの健康や身体に悪影響を及ぼす可能性のあるようなドッグフード等の製造や販売が禁止されるというものです。
また、製造者や販売者は、私たち消費者に対して、正しくて充分な情報を提供するために、製造者名、賞味期限、成分などの表示が義務付けられています。

このような法律が施行されたきっかけは、過去に起こったペットフードメラミン混入事件がきっかけであると言われています。
ドッグフードやキャットフードに、プラスチックを製造するために使われている、メラミンと呼ばれる成分が含まれていたために、多くの犬や猫が被害に合い、死亡してしまいました。
ペットフード安全法が施行される前は、実はこうしたペットフードなどに対する明確な法律は定められていませんでした。
そのため、これまでのドッグフード等に含まれている原材料や製造法がどんなものであったのかを考えると、ゾッとしますね。

しかし、ペットフード安全法があるから大丈夫ということではありません。
この法律の安全基準を確認すると、疑問点もいくつか見られます。
たとえば、製造方法の基準の中で、「有害な物質を含まないこと」ということがありますが、この有害な物質の中には、防腐剤などは含まれていません。
エトキシキンと呼ばれる防腐剤は、発がん性が高い物質であり、定められている含有量としては、人間の食料の何十倍もの量が使用できることになっています。
私たちよりも身体が小さい犬や猫の食べるものに、これほど多くの防腐剤が使われている可能性があるということを考えると、決して楽観視することはできません。
そのため、私たち飼い主が、ペットフードの成分などをはじめとした安全に関する知識を身につけていくとうことが、何より大切になるのです。


Copyright(C) 2013 愛犬を今後を考えるために必要な事 All Rights Reserved.