成分

犬に必要な栄養

私たち人間は、炭水化物、タンパク質、ビタミン・ミネラルといった栄養素をバランス良く摂取する必要があります。
しかし犬は、人間とは異なったバランスの栄養素が必要となります。
そのため、人間の食事をそのまま犬に与えると、犬の健康を損ねてしまうことがあるため、注意が必要です。
場合によっては、犬にとって危険な食材もありますから、飼い主は犬の食事に対する正しい知識を身につけることが大切なのです。
では、具体的にどのような栄養素が必要なのでしょうか。

まず、犬にとって最も重要な栄養素のひとつがタンパク質です。
犬は、人間の約2倍の量のタンパク質が必要であるとされており、タンパク質は犬の身体の中で多くの働きを担っているのです。
犬の筋肉や臓器などの発達に必要であることはもちろん、免疫抗体やホルモンにも活用されるため、非常に重要なのです。

私たち人間にとっては、肥満の原因となることがあるということであまり良いイメージの無い脂肪も、犬にとっては重要なエネルギー源となります。
脂肪をエネルギー源としているため、人間のように炭水化物を摂取する必要はありません。
ただし、炭水化物には犬の腸内環境を整える働きがあるものもあるため、バランス良く摂取すると健康維持に役立ちます。

ビタミン・ミネラルは、犬の健康を維持するために大切な働きをします。
ビタミンは、免疫力をたかめてくれますし、ミネラルは代謝を調節する働きがあります。

このように、犬に必要な栄養素は様々なものがあり、それぞれに適性なバランスがあります。
これらの栄養素を効率よく摂取するために、毎回犬ようの食事を手作りすることはとても大変なことです。
そんなときに便利なのがドッグフードです。
ドッグフードには、犬に必要な栄養素がバランス良く配合されているため、犬の食事に非常に適しているのです。
しかし、だからといってどのドッグフードでも良いかというと、そういうわけではありません。
ドッグフードの中には、価格を抑えるために不要な栄養素を交ぜてあったり、賞味期限を長くするための防腐剤を多く使用していたりするものもあります。
犬にとって不要なものは、害になる可能性が高いです。
オーダーメイドのドッグフードを始め、本当に必要な栄養成分だけが入っているものを選ぶようにすると安心ですね。

Copyright(C) 2013 愛犬を今後を考えるために必要な事 All Rights Reserved.