成分

ドッグフードの価値

ドッグフードを購入するときに、その価格を気にするという方、少なくないのではないでしょうか。
ペットショップに出向くと、実に様々なドッグフードが販売されています。
ドライタイプやウェットタイプ、子犬用、老犬用、中にはプレミアムタイプという高価なものも存在しています。
ドッグフードの平均価格は、1kgあたり1,000円前後くらいとなっていますが、中には10kg以上入っているのに1,000円以下という非常に安価なものも存在しています。
経済的には非常に嬉しいために、そういったタイプのものをついつい購入したくなってしまいますが、本当に愛犬のことを考えるのであれば、激安のドッグフードを購入することはやめていただきたいです。
どういうことなのでしょうか。

まず、ドッグフードに求められている基本的な成分は、やはり肉です。
10kg1,000円のドッグフードで考えると、1kg100円以下の肉を使っているということになります。
私たち人間が精肉店で肉を購入するとき、1kgあたり100円以下という激安肉を、果たして安心して購入することができるでしょうか。
恐らく多くの方は、何らかの問題がある肉なのだろいうということで、警戒心を抱くことでしょう。
ドッグフードも同様です。
ドッグフードの場合は、重量をかせぐために、肉だけでなく動物の内臓や血液が含まれていることがあります。
中には、糞尿や動物の毛が混じっていることもあるのだとか。
そんなものを愛犬に食べさせて、健康を維持できるわけがありませんよね。

ならば、ドッグフードに記載されている成分表示をチェックすれば安心じゃないかと考える方もいらっしゃるでしょう。
確かに、ペットフード安全法には、「原料を原則記載すること」と表記されています。
ですが、「原則」ということは、例外に表記されないことだってあるわけです。
悪徳な業者の場合は、成分表記を偽っている可能性も避けられません。
そのため、本当に愛犬の健康を考えるのであれば、価格が安すぎるようなドッグフードは避けてあげるようにしましょう。

Copyright(C) 2013 愛犬を今後を考えるために必要な事 All Rights Reserved.