成分

ドッグフードの目的

ペットショップに出向くと、ドッグフードの種類の多さに驚いてしまいます。
あまりにたくさんの種類があって、どんなものを選べばいいのかわからないという方も多いでしょう。
そこでまず、ドッグフードが持つ目的について考えてみましょう。

ドッグフードには、大きく分けて目的が3つあります。
主食、おやつ、その他の3つです。
主食は、総合栄養食と呼ばれており、健康を維持するために必要な栄養素がバランスよく配合されています。
おやつは、その名の通りご褒美などの目的で与えられる、スナックなどです。
その他の目的のものは、犬の体質や体調に合わせて補助的に栄養を補ったりするような、主食にもおやつにも当てはまらないようなもののことです。

犬用の食事を選ぶときは、主食である総合栄養食を選ぶようにしましょう。
総合栄養食と記載されているドッグフードは、適切な栄養バランスであるということを検査で証明されたものであるため、安心して使用することができます。
総合栄養食の中でも、子犬用、シニア用など種類が分けられているものがあります。
これは、子犬、成犬、老犬とでは必要な栄養素やバランスが異なるからです。
年齢に合わせた総合栄養食を与えてあげるようにしましょう。

おやつは、必ずしも必要なものではありませんが、犬のストレス解消のためや、ご褒美として与えると良いでしょう。
しかし、人間と同様でおやつの与えすぎには注意が必要です。
栄養バランスが崩れてしまい、与えすぎることで健康を損なってしまったり、肥満気味になってしまったりすることがあるからです。

その他の目的のドッグフードをしては、栄養補完食やカロリー補給食などがあります。
病気で主食が摂れないとき、何らかの栄養素が極端に不足しているときなどに使用しますが、基本的には健康的な犬には必要ありません。
獣医などの指導の下で使用すると安心ですね。

このように、ドッグフードには様々な種類があり、それぞれに目的が存在します。
この目的をよく考慮した上で、購入するようにしましょう。

Copyright(C) 2013 愛犬を今後を考えるために必要な事 All Rights Reserved.