成分

老犬用ドッグフード

最近は、動物界での医療技術も進歩してきているために、長生きをする犬も珍しくはなくなってきました。
それでも年齢を重ねた犬は、元気な成犬の頃と比べると体力も落ち、その身体のいたるところに老化を感じずにはいられません。
そんな年を取った愛犬に、元気いっぱいであった成犬時代と同じドッグフードを与えていませんか。
老犬になると、成犬のときと同じように食事をとることができなくなります。
食欲が減るだけでなく、身体の中の消化機能や代謝も弱くなっていきますから、成犬時代と同じような食事では、充分な栄養補給ができなくなってしまうのです。
では、どうしたらよいのでしょうか。

老犬に必要なのは、少量であっても充分な栄養を補給することができるドッグフードです。
ペットショップなどに出向くと、「老犬用」「シニア用」と表記されたドッグフードが販売されているのを見かけます。
これらは、歯や顎が弱っていても問題なく食べることができるような硬さであり、消化吸収が良いものとなっています。
そのため、愛犬の老化や食欲減退を感じられるようになったら、こうした老犬用、シニア用のドッグフードに移行するようにすると良いでしょう。

ただし、老犬用の中にも、高カロリーのものと低カロリーのものとが存在します。
これは、老化することで代謝や運動量が落ちるために、犬の体型が変化しやすくなるからです。
肥満を防ぐために、低カロリーとなっていたり、体重の減退を防ぐために、高カロリーとなっていたりするので、愛犬の状態に合わせて使い分けるようにしましょう。

また、年齢を重ねた犬は、何らかの病気を発症することが多くなります。
肝臓病、心臓病など、様々な疾患を患う可能性が高くなりますから、その場合はかかりつけの獣医に相談しながら食事を考えると良いでしょう。
ドッグフードの中には、特定の栄養を補給できるような特別なものもありますから、獣医の指示に従って、そういったものを利用するのも良いですね。

大切なのは、素人判断だけで決めないことです。
愛犬の状態を獣医に確認してもらい、今最も必要な栄養素が何なのか、どういった食事を摂らせればよいのかを相談するようにしましょう。


Copyright(C) 2013 愛犬を今後を考えるために必要な事 All Rights Reserved.