成分

ドッグフードの成分

ドッグフードを購入するとき、そこに含まれている成分について、詳しくチェックすることはありますか。
ドッグフードの味の種類や、価格、パッケージデザインなどにとらわれて、成分表記までしっかりとチェックできていないという方も、少なくはないでしょう。
現在は、ペットフード安全法という法律が施行されるようになり、極端に危険なペットフードが出回ることはなくなりました。

しかし、だからといって絶対に安全かというとそうではありません。
たとえば添加物に関しては、発がん性の高いと言われている防腐剤のエトキシキンは、人間の食料への添加は認められていませんが、ドッグフードへの添加は認められています。
人間が食べて危険だと考えられているものを、犬が食べて安全だとは決して言い切ることはできませんよね。
こういった状況を考えると、愛犬の健康を守るためには、私たち飼い主がドッグフードの成分に関する知識をきちんと身につけることが大切であると言えます。

ドッグフードの主成分は、肉やミートと呼ばれるものです。
これらは、人間が食べるような肉類とは異なり、動物からとれる舌や心臓、神経、血管などのことを指します。
安価なドッグフードの場合は、これに血液や毛、糞尿を含んでいたり、事故死や病死したペットのものを使用していたりすることもありますから、注意が必要です。

では、安全な成分のドッグフードを選ぶ基準は何なのでしょうか。
ひとつの基準として、「この商品は、ペットフード公正取引協議会の定める分析試験の結果、総合栄養食の基準を満たすことが証明されています」という表記や、「この商品は、ペットフード公正取引協議会の定める給与試験の結果、総合栄養食であることが証明されています」という表記がなされているかどうかということが挙げられます。
総合栄養食というのは、毎日の主食として必要な成分が配合されており、健康維持をすることができるというもので、前述したような表記がされていれば、バランスの良い栄養素が配合されており、安全性が確保されているという証明にもなりますから、ドッグフード選びの基準にすると良いでしょう。


Copyright(C) 2013 愛犬を今後を考えるために必要な事 All Rights Reserved.