成分

ドッグフードの種類

ペットショップやホームセンターを訪れると、ドッグフードの種類の多さに驚いてしまいます。
同じメーカーでも、味の違いだけでなく、ドッグフードのタイプ、犬の種類や年齢に応じたものなど、非常に細分化されており、果たしてどれを選べばいいのかと、ついつい悩んでしまいます。
では、ドッグフードにはどのような種類があるのでしょうか。

まず、ドッグフードの形状についてです。
こちらはメーカーによって呼び方が異なることもありますが、ドライタイプ、モイストタイプ、ウェットタイプが存在します。

ドライタイプは、カリカリとした水分の少ない固形タイプのドッグフードです。
硬くて歯ごたえがあるので、歯や顎を強くするというメリットもあります。
水分量が少ないために、長期保存が可能で、また他のタイプのドッグフードに比べると安価であるのも特徴です。

モイストタイプは、ドライタイプに比べると水分量が多くて柔らかめであるため、歯や顎が未発達である子犬や老犬でも安心して食べさせることができます。
体調不良で食欲が落ちている犬にもおすすめです。
ただし、カロリーが高めであるため、量を考えて与える必要があります。

ウェットタイプは、缶詰で販売されていることが多い、水分量が非常に多いドッグフードです。
缶詰の場合は特に長期保存が可能ですが、一度開封したら日持ちしないため、使い切らなくてはなりません。
犬にとっては、最も食べやすいタイプであるため、喜んで食べてくれるのですが、ドライタイプと比べると栄養価は低く、また価格も高めとなっています。
体調不良のときや、普段のドッグフードに飽きてしまったときなどに、時々あげるようにすると良いでしょう。

このように、様々な形状のドッグフードがあるわけですが、年齢別のドッグフードは、この形状に特徴があるものが多いです。
たとえば、離乳食期の子犬や、歯や顎が弱っている老犬にはモイストタイプやウェットタイプのものが多いです。
また、子犬と成犬では、必要な栄養量も異なっているため、年齢に合わせたものを与えるのが最も適切であると言えます。


Copyright(C) 2013 愛犬を今後を考えるために必要な事 All Rights Reserved.